トップページ > トピック

【トピック】 翻訳を低価格で選ぶならスプリングヒル 1文字2.0円~激安価格で高品質な翻訳

無料ダブルチェック

第三者日本人チェッカーによる無料チェックサービス

一般的に「翻訳サービス」とは「翻訳者1人体制」の翻訳を指し、低価格帯の翻訳会社ではまず間違いなくこの翻訳体制となります。 スプリングヒルの1人体制翻訳(スタンダード翻訳)も同様ですが、当社が他社と異なるのは「ネイティブ翻訳者」で1人体制での翻訳を実施する工程にあります。このネイティブ翻訳者に翻訳させる事により、読み手である「外国人」に片言ではない「確実なるニュアンス」での内容伝達が可能になります。

そして、今回のこの「無料ダブルチェックサービス」では、「チェックを専門にしている」日本人チェッカーに、ネイティブが翻訳した原稿を「無料」でチェックさせる工程を加える事が可能になりました。 このサービスの開始により、ネイティブならではの独特なニュアンスに、日本人特有の細やかな気配りを加える事が可能になり、お客様に対して「より高品質な翻訳原稿の提供が追加料金不要」でご提供できる事となりました。 しかしながら、当然「無料チェックの工程」が発生いたしますので、原稿の分量に応じた「追加納期」を頂きたく思います。

※追加納期はお見積り提出の際にご連絡いたします。
※「ネイティブ」とは、翻訳後言語を母国語とする者を言います。

キャンペーン情報

乗り換えキャンペーン 詳細

■ 対象 新規お申込のお客様(法人個人は問いません)
■ 対象言語 全言語
■ 内容
【法人のお客様】前払い:10%オフ  後払い:5%オフ ※事前の住所連絡が必要です。
【個人のお客様】前払いにつき:一律5%オフ ※カード支払いは0%オフ
■ 期間 随時
■ 割引方法 お見積りの時点にて割引適応

※カード決済の場合は全てのキャンペーン割引対象外とさせて頂きます。
※各言語、最低発注料金(ミニマムチャージ)が設定されております。ミニマムチャージ以下の場合は全割引対象外とさせて頂きますので、予めご承知おき下さい。

今月のニュースレター

スプリングヒルでは毎月お客様向けに「ニュースレターの発行」を行っております。翻訳者に対する質問やその回答等、翻訳者の人間性をご紹介させて頂き、お客様に親近感を持って頂ければと考えております。また、当社担当者の日々の出来事や疑問等もご紹介いたします。お手隙なときに目を通して頂ければ幸いでございます。

ニュースレター201712号

ニュースレター201711号 ニュースレター201710号 ニュースレター201709号

ニュースレター201708号 ニュースレター201707号  ニュースレター201706号

ニュースレター201705号 ニュースレター201704号 ニュースレター201703号

ニュースレター201702号 ニュースレター201701号 ニュースレター201612号

ニュースレター201611号 ニュースレター201610号 ニュースレター201609号

ニュースレター201608号 ニュースレター201607号 ニュースレター201606号

ニュースレター201605号 ニュースレター201604号 ニュースレター201603号

ニュースレター201602号 ニュースレター201601号 ニュースレター201512号

ニュースレター201511号 ニュースレター201510号 ニュースレター201509号

ニュースレター201508号 ニュースレター201507号 ニュースレター201506号

ニュースレター201505号 ニュースレター201504号 ニュースレター201503号

ニュースレター201502号 ニュースレター201501号 ニュースレター201412号

ニュースレター201411号 ニュースレター201410号 ニュースレター201409号

ニュースレター201408号 ニュースレター201407号 ニュースレター201406号

ニュースレター201405号 ニュースレター201404号 ニュースレター201403号

ニュースレター201402号 ニュースレター201401号 ニュースレター201312号

ニュースレター201311号 ニュースレター201310号 ニュースレター201309号

ニュースレター201308号 ニュースレター201307号 ニュースレター201306号

ニュースレター201305号 ニュースレター201304号 ニュースレター201303号

ニュースレター201302号 ニュースレター201301号 ニュースレター201212号

ニュースレター201211号 ニュースレター201209号 ニュースレター201208号

ニュースレター201207号 ニュースレター201206号 ニュースレター201205号

ニュースレター201204号 ニュースレター201203号 ニュースレター201202号

万全なる秘密保持体制について

翻訳業界では、機密保持は「当然の事項」として安易に扱われており、実際「どのように守られているか」との明記・説明が曖昧であると考えております。当社では提携翻訳家・翻訳に携わる全てのスタッフに守秘誓約書の提出を義務づけております。また、お客様の不安を軽減すべく、機密文書(データ)を扱える人数を「担当責任者を含む2人」と定義しております。アクセス権限や保存・破棄の方法等にも社内ルールが設定されております。

機密保持契約書の基本フォーマットやセキュリティー体制のご報告シートを以下にご用意しております。ご希望のお客様は是非ご確認ください。また、契約締結をご希望のお客様はご気軽にご連絡ください。迅速にご対応させて頂きます。

秘密保持契約書(PDF)

情報セキュリティー体制ご報告シート(PDF)

※その他、ご不明点等ございましたら、何なりとご連絡ください。

コンテンツ 翻訳料金表